大豆ミートでソーセージ作り2回目

失敗ソーセージ

前回うまくできなかった大豆ミートを使ったソーセージ作りの2回目です。

こちらが前回の記事↓

前回、ボソボソで味がなく香りも悪く、結着しない残念ソーセージになったので、今回はエマルジョンにしたり、背脂を入れたり、旨みを足したりして作りました。
しかし結果は「いまいち」でした。

こちらが大豆ミートです

今回はうま味をプラスしました。創味シャンタンを使いました。

豚の背脂も入れます。

フードプロセッサーでエマルジョンにしてみます。

残念ながらエマルジョンにはなりませんでした。なんかモサモサしています。「豆腐のおから」のようです。

とりあえずまとめます。

腸詰めしてボイルしました。前回よりはいい感じです。

見た感じはいいのですが、

指でおすと、つぶれて形はそのままです。いやな予感・・・。失敗かな~。
とりあえず、焼いて食べてみます。

あっ、やっぱり・・。この状態は嫌いです(>_<)

どんどん中身が出てきました。「たらこ」のようです。

もうソーセージじゃないですね。
とりあえず、食べてみます。
ソーセージなのにスプーンですくって食べるってどうなんでしょう。

味は・・少しいいかも。
前回の「 なんだこれ~ 」という不味さはありません。
でも、美味しいわけでもありません。

美味しくはありませんが、旨みと香りはまあまあです。
あとは結着があれば、そこそこ食べられるようになりそうです。

ということで次回、なにか加えて結着させようと思います。

あと、大豆ミートを調べていたら、すでに市販の大豆ミートのソーセージがあると知りました。とりあえず、購入し食べてみて結着具合と、原材料から結着剤に何使っているんだ~を知ろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました