手作りソーセージで皮をパリッとさせるコツ

ソーセージ作りのコツ

ソーセージを手作りしたときに
「皮がパリッとしない!なんで?」
となる方が多いようです。

この「皮パリ」(勝手に命名)にするにはどうしたらいいか?

それはずばり
「乾燥+薫煙」
です。

腸詰めをしたあとのソーセージをしっかり乾燥させてから薫煙するとパリッとなります。
60℃ぐらいの温風で乾燥させます。

温風をかける理由は、
1.腸の温度を一気に上げて結着を悪くする温度(30℃前後)の時間を短くする
2.温薫するときに、温度差で結露しないために温度が合わせるため
です。

でも、この60℃での乾燥が難しいです。
世の中で60℃の温風がでるものなかなか無いのです。

今まで私(店長カワモト)が使ってみたのは、
ドライヤー、布団乾燥機、コンベクションオーブン
です。
スモーカーに電気コンロや炭火で熱を入れてみたのですが、
風が無いのでなかなか乾燥されませんでした。

あと、薫煙をしないで、乾燥だけでも、少しパリッと感がでますが、
乾燥と薫煙の両方をおこなうことで、しっかり「皮パリ」になります。

もし、何度やってもうまくできないな~と言うときは、ご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました